青天を衝けの次の大河ドラマは何?61作目はいつから?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝けの次の大河ドラマは、2022(令和4)年1月からスタートの予定です。大河ドラマ61作目となります。主演は小栗旬さんが北条義時役を演じます。脚本は三谷幸喜、番組名は「鎌倉殿の13人」小栗旬さんは、大河ドラマがこの作品で4度目となります。「鎌倉との13人」についてご紹介していきます。

青天を衝けの次の61作目の大河ドラマ

青天を衝けの次の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」61作品目となります。主演は小栗旬、北条義時役を演じます。脚本は三谷幸喜さんです。三谷氏は大河ドラマ3度目の大河脚本となります。2022(令和4)年1月からスタートの予定です。

小栗旬は大河ドラマ何度目?

小栗旬さんは今回の「鎌倉殿の13人」で4度目の出演となります。
過去の大河ドラマは、
「天地人」(石田三成 役)
「八重の桜」(吉田松陰 役)
「西郷どん」(坂本龍馬 役)
大河ドラマの主演を務めるのは今回初となります。

鎌倉殿の13人とは誰?

・大江広元(おおえ の ひろもと)

・三善康信(みよし の やすのぶ)

・中原親能(なかはら の ちかよし)

・二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)

・梶原景時(かじわら かげとき)

・足立遠元(あだち とおもと)

・安達盛長(あだち もりなが)

・八田知家(はった ともいえ)

・比企能員(ひき よしかず)

・北条時政(ほうじょう ときまさ)

・北条義時(ほうじょう よしとき)

・三浦義澄(みうら よしずみ)

・和田義盛(わだ よしもり)

おわりに

第61回目の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」です。スタートは2022(令和4)年1月から。主演は小栗旬さん。個人的には、小栗旬さんは素晴らしい俳優さんですが、新人の俳優さんに演じて欲しかった気もします。