青天を衝け16話慶喜が亡き円四郎に言った尽未来際の読み方や意味は?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝けで16話では何とも悲しい結末を迎えてしまった。ドラマのキーマンとも言える平岡円四郎が、水戸藩によって暗殺されてしまったのです。どしゃぶりの雨の中、慶喜が亡き円四郎に言った「尽未来際 共に、、」と言った。その意味は、未来の果てまで一緒に。永遠。読み方は「じんみらいざい」暗殺される直前まで、円四郎は、”どこまでもお供つかまつります”と誓っていた矢先に還らぬ人となってしまった。慶喜の円四郎を想う無念さが痛々しかった。これから円四郎の笑顔が見れないと思うと悲しすぎます。もっと堤真一演じる平岡円四郎を見ていたっかった。

尽未来際の意味は?

意味:未来の果てまで・永遠
読み方:じんみらいさい

字のごとく、未来が尽きる時までという意味があります。

平岡円四郎がどしゃぶりの雨の中、攘夷派の水戸藩によって暗殺されてしまった。慶喜が亡き円四郎に言った言葉は「尽未来際 共に、、」

慶喜

尽未来際と、、申したではないか・・。

慶喜は完全に平岡円四郎を信頼していました。円四郎は慶喜に「どこまでもお供つかまつります」と永遠を誓ったその矢先に暗殺されてしまったのです。土砂降りの中の、亡き円四郎と慶喜の対面は悲しすぎます。

尽未来際と、、誓ったじゃないか、、、どうして、、どうして、死んでしまったんだ、円四郎、、、。

死にたくねぇぞ・・・。

円四郎は自分が惚れた慶喜という人が、新しい日本を作っていくことを本当に楽しみにしていたと思います。信頼する人の側で国が大きく変わっていく過程を見られ、それをいちばん近くで手助けできることに円四郎はワクワクしていたのではないでしょうか。

円四郎最後に言った言葉は

ヤス、、。

と、最後の言葉を残して力尽きた。

愛する妻のことも決して忘れてはいなかった。最後に残した言葉は、、愛する妻「ヤス」だった。

平岡円四郎はヤスに惚れて結婚しました。いつも妻のヤスには頭が上がらない円四郎でしたが、そんな円四郎とヤスとの掛け合いも見れなくなると思うと悲しすぎますね。

円四郎は慶喜によってこれから日本が変わっていくことを楽しみにしていました。生まれ変わった江戸で妻のヤスとまた昔のように笑いながら暮らしたいと望んでいたのでしょうね。