青天を衝け5話ロケ地・栄一の姉なかと栄一が行った滝はどこ?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝け5話での滝のロケ地は、群馬県安中市、仙ケ滝ではないかという情報があります。因みに深谷市には滝はないそうなので、この滝のシーンはあくまでもドラマの中の話のようですね。栄一の姉なかは、相手の家につきもの憑き物(つきもの)がいると縁談を反対され傷心してしまい様子がおかしくなります。滝の中へ入っていこうとする姉を栄一が必至で止めようとします。

青天を衝け5話ロケ地・群馬県安中市仙ケ滝

青天を衝けのロケ地は、渋沢栄一のゆかりの地としても、群馬県安中市の撮影が多いようなので、仙ケ滝の可能性が高いかもしれないですね。因みに深谷市には滝はないそうです。

栄一の姉なかは、相手の家につきもの憑き物(つきもの)がいると縁談を反対され傷心してしまい様子がおかしくなります。滝壺の中へ入っていこうとする姉を栄一が必至で止めようとします。

千代のセリフ

栄一の姉は気が強そうに見えるけど、そういう人こそ意外と弱いものなんですね。お千代の言葉が響きます。

「強く見える者ほど弱き者です。弱き者とて強いところもある。人は一面ではございません」

赤城不動大滝

姉の病気は家に祟りがあるからという親戚の勧めで、父市郎右衛門が姉のなかを連れて大滝のある群馬県高崎市の室田に保養に出かけたそうです。

赤城不動大滝
★★★★★ · 観光名所 · 粕川町室沢