青天を衝け・草莽の志士とは?読み方や意味は?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝け10話で栄一が「草莽の志士になる!」と言っていますがどんな意味なのでしょうか。読み方は「ソウモウのシシ」草莽とは、「民間にあって地位を求めず、国家的危機の際に国家への忠誠心に基づく行動に出る人」志士とは「志の高い人、国家や社会の為に現状を改革しようとする人物のことを言います。栄一は国を何とかしようという気迫が漲っていました。

草莽の志士の意味や読み方は?

青天を衝け10話で栄一は「草莽の志士になる!」この世をなんとか変えたいと気迫に漲っています。

草莽の志士になる!

草莽の読み方:ソウモウ
草莽の意味 :民間にあって地位を求めず、国家的危機の際に国家への忠誠心に基づく行動に出る人

志士の意味 :志の高い人、国家や社会の為に現状を改革しようとする人物のことを言います。江戸時代の  幕末に活動した人物を示します。

江戸から戻った長七郎(演じるのは満島真之介)に感化され尊王攘夷の考えに傾倒し始めた栄一は、喜作に続いて自分も江戸へ行きたいと父・市郎右衛門(演じるのは、小林 薫)に懇願します。

江戸に行くことになった栄一

尊王論者・大橋訥庵(演じるのは山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。長七郎(満島真之介)は、その計画のために命を捨てる覚悟を決めるが…。

果たして長七郎のはどんな決断うぃするのでしょうか。