青天を衝けロケ地・福島県南会津町で地元の人30人がエキストラで参加!

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝けで第1話~第3話の中のロケ地が、福島県南会津町で行われました。主な撮影場所は奥会津博物館で行われました。第1話~3話のシーンでは多くの農民が登場しましたが、地元の方30人がエキストラで参加したようです!渋沢家で藍を栽培して染料となる藍玉を製造するシーンや、藍染めの布を干すシーンがありました。このシーンの農民の方々が地元のエキストラだったんですね。これは地元でも大いに盛り上がりそうな話題ですね!

青天を衝けロケ地・福島県南会津町

第1話~3話のシーンでは多くの農民が登場した大掛かりなロケシーンがありましたが、このロケ現場が福島県南会津町で行われました。主な撮影場所は奥会津博物館で行われたようです。地元の人達30人がエキストラとして参加したようです。地元中、大盛り上がりですね!

いや~本物の役者さんかと思いましたよ。皆さん板についてますね(笑)

1話のシーンは渋沢栄一の子役、小林優仁くんが、村中を駆け回ったり、畑の中を駆け回ったりで、その時に多くの農民がいましたよね。藍染めの作業のシーンも多くの農民がいました。2話、3話のシーンでも、地元のエキストラの人達が放送されるよなのでチェックしてみてくださいね!

このシーンのロケは2020年の8月に撮影されたようです。

奥会津博物館

〒967-0014 福島県 南会津郡南会津町糸沢字西沢山3692-20

引用 奥会津博物館公式サイト

第一話では、藍玉を作るシーンや藍染めした布を干したシーンが放送されましたね。とても鮮やかな藍色で綺麗でした。渋沢家は米、麦、野菜の生産のほか、藍を栽培して染料となる藍玉を製造していました。

奥会津博物館では実際に藍染め体験ができるそうです。藍染めのマスクも販売しているようですよ。

子役の小林優仁くんも藍染めのマスクかな?付けてましたね。ちょっと大きめですね^^

おわりに

第一話では、渋沢家で藍玉を作るシーンや、染めた布を干したシーンがありました。そのロケ地が福島県の奥会津博物館で撮影されました。地元の方30人がエキストラとして参加しました。第2話、3話でも登場シーンがあるのでお見逃しなく!