青天を衝け・徳川斉昭が叫ぶ かいなり とはどういう意味?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝け1話、3話で、徳川斉昭が「かいなり!かいなり!かいなり!」と叫んでいますが、快なりとはどんな意味があるのでしょうか?かいなりとは→快なり。快とは→気持ちがいいこと。快なりとは、愉快で楽しい時に表現する言葉ようです。14話でも慶喜が「快なり~」と叫んでいました。

 快なりとはどういう意味?

青天を衝けで、徳川斉昭が「快なり」と叫んでいますがどんな意味があるのでしょうか。

かいなり!かいなり!

かいなり   :快なり
快の意味   :気持ちがいいこと
なり     :断定…である。…だ。

快を含む言葉

快を含む言葉にはどんな言葉があるのでしょうか。

愉快
快感
爽快
快楽
快調
軽快   etc・・。

このように、気分がいい時や、気持ちがいい時に表す言葉に使われています。

斉昭が叫んだ かいなり の意味は?

斉昭の七男、七郎麻呂が水戸藩から一橋家に養子に出されることになりました。その時に斉昭は、

かいなり!かいなり!かいなり!

と3回も、かいなり!と力強く叫びました。

快なり!快なり!快なり!

一番当てはまるのは、

愉快だ!愉快だ!愉快だー!

青天を衝け14話・慶喜も快なりと叫ぶ

慶喜

なり~!!

青天を衝け14話では、慶喜も「快なり~!!」と叫びます。慶喜の父斉昭が、「快なり」と叫んでいましたが、子の慶喜も「快なり~」と叫んでいました。さすがに親子ですね。

快なりとは、愉快で楽しい時、気分がいい時に表現する言葉のようです。