青天を衝け14話・建白の読み方や意味は?仕官とは?

青天を衝け
スポンサーリンク

青天を衝け14話では、栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、平岡円四郎(演じるのは堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られる。仕官とは官職に就くこと、役人になること。栄一と喜作は、百姓の身分から一橋家に仕える役人になるよう円四郎から迫られます。しかし栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。建白の読み方は、(けんぱく)、意味は、政府や上の者に自分の意見を申し立てること。ついには、栄一と喜作は慶喜と対面し一橋家に仕官することになりました。

栄一と喜作・一橋家に仕官する

栄一と喜作は、平岡円四郎から一橋家に仕官せよと迫られます。
仕官とは  :官職に就くこと、役人になること
仕官の読み方:しかん

栄一と喜作は、百姓の身分から、一橋家に仕える事となります。

栄一と喜作・慶喜に建白する

栄一と喜作は、平岡円四郎から一橋家に仕官せよと命じられますが、その前に徳川慶喜(草彅剛)に自らの意見を建白するように条件を出します。

建白とは  :政府や、上の者に自分の意見を申し立てること。
建白の読み方:けんぱく

円四郎は、慶喜と栄一、喜作を対面させ、自らの意見を建白し、一橋家に仕えることとなった。