ペリー黒船来航したのはどこ?日米和親条約とは?

青天を衝け
スポンサーリンク

1853年、江戸に黒船が来航し、江戸が騒然とします。アメリカ海軍のマシュー・ペリーが黒船が来航したのは浦賀。翌年、日米和親条約が結ばれ、日本は開国し、アメリカとに日本の間に友好関係が結ばれた。

黒船来航したのはどこ?

1853年、江戸にペリーが来航します。
黒船は江戸湾(現代の東京湾)入り口の浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)沖に停泊しました。
黒船に乗ってやって来るのは、アメリカ海軍軍人のマシュー・ペリー

(青天を衝けで、演じるのはモーリー・ロバートソン)

 

日米和親条約とは?

1854年、再びペリーが来航し、日本(江戸幕府)とアメリカで交わされた条約。
日本とアメリカは永久に友好を結び、日本は下田と箱館の2港を開いた。これにより、日本の鎖国体制は終わった。