青天を衝け6話・千代モテモテ!喜作も千代が好きだった?栄一胸がグルグル

青天を衝け
スポンサーリンク

栄一は千代に幼い頃から想いを寄せていたようです。幼少期には「オレが千代を守ってヤンベ!」と千代に告白めいた事を言っていました。でもどうやら喜作も千代に想いを寄せていたようなんです。青年期に入り喜作は、剣の勝負で長七郎に対決を言い渡します。「勝ったら千代を嫁にもらいてぃ!」と宣言するのです。

道場破りの剣術家の真田範之助に勝った長七郎に勝たなくては、千代を嫁にすることはできません。真田範之助は、北辰一刀流・千葉道場で腕を磨いた剣豪。各地の道場を巡っては武者修行を続けている強者です。その真田範之介に勝った長七郎は更に超一流の剣の腕を持っていたということですね。

栄一は、剣道の腕は今一つでしたが、腕の力は強く、力だめしをする力石 が村々で流行していました。栄一 ぶっちぎりに強かったという史実が残されています。

青天を衝け6話・喜作も千代が好きだった

道場破りの剣術家の真田範之助に勝った長七郎に勝たなくては、千代を嫁にすることはできません。喜作が長七郎に剣道の対決を言い渡します。

真田範之助は北辰一刀流・千葉道場で腕を磨いた剣豪の持ち主です。真田範之介に勝った長七郎は剣道の腕は一流です。「お前に勝って千代を嫁にもらいてぃ!」それを聞いていた栄一はビックリ!栄一は千代から想いを寄せていると告白され、胸の中がグルグルしていました。

千代は栄一の後の妻になる事は、ネタバレとしてわかっていますが、栄一も勝負に出るのでしょうか。喜作が長七郎に剣の勝負で勝ったら、千代は喜作の嫁になっていたのでしょうか。

千代は後に栄一の妻となったという事は、千代も栄一が好きだったんですね。3人は、いとこ同士で幼馴染でもあります。この栄一と、喜作の勝負により3人の関係はどうなっていくのでしょうか。

栄一は剣道の腕は今一つでしたが、腕の力は人一倍強かったようです。力石が村で流行っていましたがぶっちぎりに強かったという忠実が残されています。

北辰一刀流とは

剣術の一流派。千葉周作 がおこし、江戸の三大道場のひとつとして名をはせました。

力石とは

力だめしに用いられる大きな石。大きな石を持ち上げて力の強さを争う。

登場人物の関係

渋沢栄一 :主人公 渋沢家の長男
渋沢喜作 :渋沢一族の一家、「新屋敷」の長男。栄一より2歳上 従兄にあたる
尾高長七郎:栄一の従兄(剣道の腕は一流)
尾高千代 :長七郎の妹 ・栄一よりひとつ年下

栄一、喜作、千代は幼馴染み

お前に勝って千代を嫁にもらいてぃ!

えぇ!!!

千代は栄一さんのことをお慕い申しております♡

おわりに

喜作は長七郎に、千代を嫁にしたいと対決を言い渡します。果たして結果はどうなるのでしょうか?栄一も勝負にでるのでしょうか?また、幼馴染3人の関係はどうなっていくのでしょうか、楽しみですね。