青天を衝け・直言の臣となる人物は誰?小姓とは?読み方や意味は?

青天を衝け
スポンサーリンク

徳川斉昭は、慶喜の直言の臣になる優秀な家臣を付けたいと考えます。平岡円四郎(演じるのは堤真一)を慶喜の小姓に据えます。小姓の読み方は「コショウ」意味は、身分の高い人の側で身の回りの世話をすること。現代でいう側近の役目の人を言います。

直言の臣となる人物は誰?

直言の臣となる人物は、平岡円四郎(演じるのは堤真一)

青天を衝け、第4話では徳川斉昭が、慶喜の間違いを正すために、自分の意見をハッキリということができる家臣がいないかと考え慶喜の小姓となる。

小姓とは?読み方や意味は?

小姓の読み方:コショウ
小姓の意味 :身分の高い人の側で身の回りの世話をする男

現代で言う、側近(権力を持つ人の側近くに仕える人)