俺の家の話の主題歌がない訳は?山口達也も参加予定だった?前代未聞!

俺の家の話
スポンサーリンク

2021年1月から放送されるドラマ「俺の家の話」この主題歌や曲が気になるところですが、長瀬ファンならば、長瀬智也の曲を期待しているのではないでしょうか。実は水面下でTOKIO元メンバーの山口達也も参加計画があり、山口達也を限定的に復活させる予定だったようです。そんな中、例の酒気帯び運転で計画がパーに・・。放送されてからも主題歌が発表されていません。この記事では俺の家の主題歌と、山口達也さんの復帰についてまとめた記事となっています。

俺の家の話の主題歌がない訳は?

2021年1月から始まる俺の家の話の主題歌が、公式サイトでも今だに発表されないが、なにやら制作サイドでも、色々な事情があったようなんです。

実は当初の予定ではTOKIO元メンバー「山口達也」もこの俺の家の話の主題歌のプロジェクトに参加が決定してたそうです。主題歌はTOKIOの楽曲で行こう!と計画していました。

TOKIOの楽曲でいくなら、メンバーは4人ではなく、5人でという強い思いがあったようです。

7月に城島、国分、松岡が『株式会社TOKIO』の設立を発表した際には、

「メディア取材で、山口さんや長瀬さんが会社に関わる可能性を聞かれた際に、松岡さんは“関わることがあるかもしれませんし、ないかもしれない。絶対ないとは言えない”と、かなり含みを持たせたコメントでした」

山口達也が酒気帯事故を起こしたのは、9月22日ですから、株式会社TOKIOを結成した直後には、山口達也の復帰計画を視野に入れて、計画していたのではないかと思われます。

TOKIOは音楽活動へのこだわりも強く、長瀬智也が作詞作曲を手掛けボーカルを担当し、そしてメンバー全員が楽器を演奏するロックバンドのスタイルは、5人で築き上げて来たのです。
誰一人抜けても、TOKIOの音楽ではありません。

現に、山口が脱退した後に追加メンバーを入れて、TOKIOの音楽を再開しようという声もあったそうなんですが、ベースの山口がいなっくなったらTOKIOの曲ではないと語っていました。

5人でTOKOIの曲で、主題歌を担当するにあたりメンバーや、俺の家の話の制作側も一丸となって動いていた矢先に、山口達也の酒気帯び事故・・。これには、長瀬本人、城嶋、国分、松岡、ドラマの制作側も、絶望的になってしまったようです。

主題歌もレコーディング直前までいって進んでいたそうです。

2度にわたる裏切り

山口達也は、この酒気帯事故で2度ファンやメンバーを裏切った事となる。特に最初の2018年の女子高生との事件で山口の謝罪会見の発言に対し、メンバーの松岡さんが特に厳しいコメントを発言した。

「彼は、あまい!できることならまたTOKIOとして活動したいなんてよく言えた」
「彼は、お酒で自分をコントロールできなくなってしまう、一種の病気」だと
怒りと涙に震えながら、ズバッと山口を斬ったのです。

私はこの会見を見て、生ぬるいメンバーをかばう発言ではなく、本当に裏らぎられた者が感じる本心ではないかと共感しました。この発言で、もう山口達也がTOKIOで活動する事は絶望的だなとも思いました。

しかし、そんな松岡さんや、他のメンバーも彼を受け入れようとしていたのです。チャンスをあたえようとしていたのです。主題歌で、TOKIO 5人で頑張ろうとしていた矢先に・・。また酒の失敗。

酒で失敗し、信用も名誉も無くしてしまったのに、又、酒での失敗。ドラマの制作スタッフ、メンバーを2度も裏切ってしまったのです。相当ショックだったのではないでしょうか。

おわりに

このような事情で、主題歌が当初の計画とは大幅に崩れ、今だに、主題歌が発表されていません。TOKIOが主題歌を担当する予定だったならば、当然、長瀬が作詞、作曲を手掛けていたのかもしれません。

主題歌は4人でTOKIOとして続行するのか?
又は全く違う人が主題歌を担当するのか?

発表になるまで全くわかりませんが、こんな背景があったと思うと、長瀬智也や他のメンバー、制作スタッフの涙ぐましい努力が裏側であったかと思うと胸が熱くなりますね。

そして、山口達也さんの復帰は・・。まずはお酒を断ち切らなければ道はないのかもしれません。

主題歌が分かり次第追記しますね。