やっぱり?紀州のドンファン元嫁を逮捕!元嫁は誰?逮捕理由は?

エンタメ
スポンサーリンク

和歌山の資産家、紀州のドンファンと呼ばれていた、野崎幸助さんが死亡した事件で、元嫁の須藤早貴(すどうさき)を殺人の疑いで逮捕。野崎さんが死亡したのは2018年7月。3年経っての逮捕に至った。野崎幸助さんの死因は急性覚醒剤中毒。逮捕理由は、元嫁の須藤早貴容疑者が野崎さんに覚醒剤を何らかの形で飲ませたのでしょうか?

紀州のドンファンの元嫁は誰?


須藤早貴(すどうさき)

生年月日:1996年2月(現在25歳)
出身:北海道札幌市
職業:fc2女優 元愛人 デートクラブ 保険金詐欺

紀州のドンファン、野崎幸助さんが死亡した当時の須藤早貴(すどうさき)の年齢は22歳だった。結婚した当時の年齢差は55歳。当時、須藤早貴容疑者は、あまりよく考えずに結婚したとインタビューで語っていた。どう考えても財産目当てに結婚したとしか思えないと世間からのバッシングも多かった。

逮捕理由は?

2018年5月、和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(当時77)が自宅の寝室で亡くなっているのが見つかった。 死因は急性覚醒剤中毒で、遺体に注射の跡がないことから警察は口から覚醒剤を摂取した疑いがあるとみて 捜査を続けていた。

野崎さんが死亡した時に、家にいた元嫁の須藤早貴(すどうさき)容疑者が、覚醒剤を飲ませたのか?その時一緒にいた家政婦の女性とグルだったのか?

紀州ドンファンの家政婦は誰?

紀州のドンファン、野崎幸助さんの家政婦は「竹田純代」さん。野崎幸助さんの野崎幸助さんが亡くなった時に家にいた家政婦の竹田純代さんも、犯人ではないかと疑われたが、自分は犯人ではないと、顔だしをして自分の潔白をテレビで訴えていた。

今回の野崎幸助さんの死亡は、元嫁が単独で行ったものだったのでしょうか?

紀州のドンファンと野崎早貴の馴れ初めは?

野崎幸助さんと元嫁の須藤早貴さんの馴れ初めは、2017年の秋、成田空港で転んだ野崎さんを助けてくれたのが、出会いのきっかけだったと言われていますが、それがきっかけで結婚にまで至っていますのでしょうか?

当時の野崎さんにしてみれば、若い女性に転んだ時に優しく助けてもらったら、好きになってしまうかもしれませんが、野崎さんからしてみれば、55歳も歳が離れているお爺ちゃんを結婚の対象に思うのはどうみても不自然ですよね。

野崎早貴さんは、インタビューで知り合いの男性から野崎幸助さんを紹介さいてもらったとも語っていました。愛人のようなお金目当てで紹介してもらったとしか思えません。

実際に須藤早貴容疑者は、野崎幸助さんから、月に100万円ぼの小遣いを貰い、「愛人契約婚」とも言われていました。

愛犬イヴちゃんの急死

紀州のドンファンこと、野崎幸助さんが長年可愛がっていて愛犬のミニチュアダックスフンドの「イヴ」ちゃんが急死する。野崎幸助さんと、須藤早貴容疑者が結婚したのは2018年2月、その後、愛犬イヴちゃんが急死したのが5月、二人が結婚して3カ月後に、突然イヴちゃんが急死してしまった。

イヴちゃんが急死した、18日後に野崎幸助さんも自宅で亡くなる。自宅に埋没されたイヴちゃんを掘り起こし、死因を鑑定したが、覚せい剤成分は検出されなかった。

結婚して、3カ月後に愛犬イヴちゃんの突然の死。その18日後に野崎幸助さんの謎の死。