カップヌードルのフタ止めシール無くなって猫の耳になった!

暮らし
スポンサーリンク

発売50年を機にカップヌードルの底に付いていた「フタ止めシール」が廃止されることになったそうです。え?フタ止めシールなんてあったんですか?と、カップヌードルをあまり食べない私は、「フタ止めシール」があったことに驚きました。普段カップラーメンを食べる時は、箸を上に置くか、その辺のあるものを重しにしていましたからね。裏なんて見たことなかったです。でも、今まで「フタ止めシール」を使っていた人は、これからどうやって止めるのと思う方もいますよね。これからは開け口が2つになって2箇所で止めれるようになったので、しっかりと蓋を止められるそうです。2つの開け口が猫の耳になってるのが可愛い♪

フタ止めシール廃止!じゃぁどうやって止めるの?

カップヌードルの底に「フタ止めシール」が発売から50年を機に止されました。

 

Q, じゃぁどうやって止めるの?

A, 開け口が2つになってしっかりと蓋を止められるようになったニャ♪

開け口が今まで一つだったのが、2つになって2箇所でフタを止められるようになったので、しっかりと蓋が閉まるようになりました。

シールが無くなる事で年間33トンのプラスチックを削減できるそうです。

フタを開けると猫ちゃんのイラストになってる!2つのフタが猫の耳になってるだねー。可愛い~!!

これは猫好きの私には、ポイント高いわ~♪

私は、カップヌードルの裏に「フタ止めシール」があったことさえも知らなかったのでビックリ!
普段、カップラーメンを食べる時は、箸で重しをするか、その辺にあった物を上に置いていましたから~。
いや~、一回くらいフタ止シール使ってみたかった(笑)